偏頭痛をすぐに治す!-原因と対処方法おすすめの市販薬

MENU

偏頭痛を治すすぐに効くツボ

 

 

ツボとは
ツボは、正式には「経穴」といい、古来より健康増進のために活用されてきました。 ツボは重要な神経・血管・筋走行上にあり、これは気と血の流れるエネルギーの経路だとされています。

 

ツボとは内臓の疾患が、皮膚の表面への反応として敏感に出てきた所であるといわれ、ツボを刺激することによって経絡を通して内臓を刺激することになり、全身の血行が正常化します。つまり、血液の循環がよくなり、体のすみずみまで行き届くことにより、ストレスが自然に解消され、内臓も丈夫にするというわけです。

 

偏頭痛の原因の一つが、過度の緊張によるストレスから生じるということから見ても、ツボ押しは理に適っている方法だともいえます。

 

偏頭痛に効くツボ(頭と顔面)
偏頭痛に効く代表的なツボを紹介します。
基本は、指で円を描くようにゆっくり、じわーと押さえます。
力加減は気持ち良い程度で、1箇所10秒程度で2回くらい行います。

 

まずは、頭に(顔面も含みます)あるツボを紹介します。
角孫(かくそん) 耳の頂点から3cmほど上にあります。
率谷(そっこく) 耳のすぐ上の髪の生え際にあります。
印堂(いんどう) 眉間の真ん中にあります
攅竹(さんちく) 左右の眉の内側にあるくぼみです
魚腰(ぎょよう) 眉毛の真ん中 にあります。
四白(しはく)  目の真ん中下の頬骨のくぼみです。
迎香(げいこう) 小鼻の横のくぼみにあります。
百会(ひゃくえ) 頭のてっぺん。つむじの手前にあります。

 

頭や顔面にあるツボのほうが、仕事などの時にもできるのでお勧めです。
上記にあげた、角孫(かくそん)、率谷(そっこく)のツボは、きつめのヘアバンドをすると丁度そのツボの位置にあたりますので、試してみてください。
私はそのヘアバンドの応用で、小さなドライアイスを布に包み、ツボのところに当てた後、ヘアバンドをして、その後横になって休みます。
偏頭痛に効くツボ(足裏)
足裏の反射区を刺激する方法もあります。

 

足裏の刺激する場所は3ケ所です。
親指(の腹)と、親指の付け根と、足裏の窪んだ(少し小指側)です。

 

足裏は他の皮膚に比べて固いので、もし持たれていたらツボ押しの棒を使うといいでしょう。
棒で足裏のツボ押しを行うと、結構痛がる人が多いです。
なので、力を加減してゆっくりツボを押すようにしましょう。

 

もし棒がなかったら、手をグーにして、人指指の第2関節で、一方方向に擦る様にする方法をとるといいでしょう。
最初は少し痛いかもしれませんが、ゆっくりと何回も擦っていくうちにジワーッと足の裏は温かくなります。

 

偏頭痛の治療の為に、お医者さんから処方されたお薬などを服用していたとしても、このツボ押しは有効であり、治療の妨げにはなりませんので、ご安心ください。