偏頭痛をすぐに治す!-原因と対処方法おすすめの市販薬

MENU

偏頭痛を治す体質改善方法

 

 

食生活の改善
つらい偏頭痛は、できたら薬に頼らないで治したいものですね。

 

まずできる事から考えてみましょう。
ストレスをためないこと、食生活を気にかけること、あとは規則正しい生活を送ることというのがキーワードに挙げられるます。

 

まず、食生活における体質改善を考えてみましょう。
よく見かけるのが、〜を控えましょうとか。〜をやめましょうとか情報ですよね。
なので、今回は逆に、偏頭痛にいい食品を調べてみました。

 

マグネシウムが含まれている食品がいいということです。
偏頭痛に苦しんでいる人の半分はマグネシウムが不足によるところが大きいです。なせならストレスを感じると体内のマグネシウムが減少するからです。

 

マグネシウムは痛みを感じる信号をブロックしてくれます。
マグネシウムが含まれている食品は、緑黄色野菜、葉物野菜などです。ホウレンソウ、カボチャとかですね。お料理では、お魚のハンバーグを作ると、鉄分とマグネシウムが多く摂取できます。

 

マグネシウムをどれぐらいとればいいかというと、1日400mgが、最量と言われいます。
1日400mgのマグネシウムを3週間摂取して、偏頭痛が軽減されたという例もあります。食品で摂取が難しい人は、サプリメントを利用するのも一つの方法です。

 

あと、偏頭痛は空腹時に起こることが多いので、朝食は食べて学校や仕事へ行くようにしましょう。空腹のままだと、血糖値が下がり頭に血流が流れにくくなり、偏頭痛を起こす要因となってしまいます。

 

日常生活で気を付けること
規則正しい生活も大事です。
まずは、十分な睡眠をとることが大事です。
寝床に入る、1時間前はパソコンや携帯など見ないほうが眠りやすくなります。画面から出るブルーライトは、せっかく眠ろうとしている神経を目覚めさせて寝にくくさせてしまうからです。

 

日常生活をしている中で、歩くとき、座ってテレビを見るとき、など、姿勢に気をつけていますか?

 

背骨矯正ベルトってあるのをご存知の方もいらっしゃるかと思います。これは、背中にベルトして、背筋を伸ばすように促すものです。つまりは、猫背や姿勢が悪いのを矯正するものです。

 

肩こりがの原因が姿勢の悪さにあるのが知られています。
背筋矯正ベルトを使い、姿勢を正すことで肩こりが軽減される人が多いですが、同時に偏頭痛も軽減される場合もあります。
悪い姿勢のままでいると、肩と首が凝り、血流が悪くなり偏頭痛を起こしやすくなります。

 

日常生活の中で知らず知らずの内に悪くなっている姿勢を、気が付いたら正すという癖をもちましょう。

 

そして、ストレスをため過ぎない事も大事です。
休みの日には、趣味にうちこみストレスを発散させたり、趣味がない人は自然の中に出ていきましょう。

 

海でも山でも、それが無理なら緑の多い公園に行きましょう。
何も考えずにぼーっとして深い深呼吸をするだけでも、心が軽くなってきます。