偏頭痛をすぐに治す!-原因と対処方法おすすめの市販薬

MENU

偏頭痛の原因‐隠れた病気は?

 

 

偏頭痛の起こる過程
偏頭痛は、神経伝達物質の1つであるセロトニンが異常に増えることが原因で起こります。
増えたセロトニンが、血管を収縮させ、過度に拡張させ、この結果頭痛が起こります。

 

任せられていた責任ある仕事をやり終えたとき、悩みから解放されたときなど、心がほっとしたのをきっかけに偏頭痛が始まることも少なくありません。
これは、ストレスが続いていたことにより緊張していた血管が、ストレスから解放された途端に緩んでおこります。

 

休日に朝寝坊して、朝食を抜いてしまうと低血糖になってしまい、さらに偏頭痛が起こる要因が増えることになります。

 

仕事が休みのときにも、同じ時間に起き、同じように朝食をとることが偏頭痛の起こりやすい要因を減らすことにもなります。

 

偏頭痛は女性に多いことから、女性ホルモンのエストロゲンが関係をしているとも言われています。
エストロゲンの変動が多い生理前や生理の間(生理が始まって1日〜3日の間)や、排卵時などに起こることが多いようです。

 

妊娠している間は偏頭痛が治まっていたのに、出産したら偏頭痛が再び始まったという人もいます。それは生理のない妊娠中はエストロゲンの変動が少ないからです。

 

偏頭痛の起きやすい状況

 

アルコールによって偏頭痛が起こることもよく知られています。特にヒスタミンが多く含まれる赤ワインで偏頭痛が起きることが多いといわれます。
ヒスタミンは、血管を拡張させる作用があるからです。
アルコールは適量を飲みましょう。

 

チョコレートやチーズなどは、防腐剤に使用されている亜硝酸ナトリウムで発症することもあります。
特に、赤ワインのおつまみにチーズは組み合わせが悪いので、せめておつまみは別なものにしましょう。

 

ダイエットをしているときや、朝食をとらないで学校や仕事に行くと、血糖値が下がるので偏頭痛が発症しやすくなります。朝食は、食欲がなくてもバナナ1本でも食べていきましょう。

 

旅行などに行くと偏頭痛になることもあります。これはストレスからの解放と同時に、旅行中に起こる車酔いと蓄積された疲れ、不規則な食事など様々な要因が重なって偏頭痛が起きます。無理のないスケジュールを組んで旅行を楽しみましょう。夜はシャワーではなくお風呂に入り、疲れをとりましょう。

 

そして、梅雨の時期になると偏頭痛になると訴える人が多くなってきます。
これは気圧の急激な変動が原因とも言われています。

 

寒い冬、温かい風呂場に入った時、急激な温度変化のある時にも偏頭痛が起こる時もあります。この時風呂場を温めて入るなどの注意が必要になってきます。

 

寝不足で偏頭痛になるときもありますが、寝すぎでもなるときもあります。
休みの日の前日深夜まで起きていて、その朝は遅くまで寝て、朝食も抜いてしまうと、とさらに偏頭痛が起こりやすくなります。休日でも同じ時間に起き、朝食をとる規則正しい生活が大事になってきます。