偏頭痛をすぐに治す!-原因と対処方法おすすめの市販薬

MENU

子供の偏頭痛-治す方法と治療方法

 

子供の偏頭痛の原因
偏頭痛は遺伝の要素も多いといわれています。母親が偏頭痛を持っていたら、子供にも遺伝する確率は大きくなります。
大人の偏頭痛は4時間から72時間続くことが多いですが、子供の偏頭痛は1時間から72時間間までとなっています。

 

子供が頭痛で苦しんでいるのを見るのはつらいですね。
子供のうちは、短い偏頭痛ですんでいたのが、そのままにしておくと大人になってからもっと酷くなり、さらに日常生活もままならない状況になることもあります。

 

幼少に偏頭痛を経験している子が、思春期を境にして強いストレスを感じると、偏頭痛が慢性的になってしまうという場合もあります。

 

習い事や部活、塾などで、多少なりともストレスを感じ、また小さいころから睡眠時間を削って受験勉強をしている子供も現代はたくさんいます。

 

最初に述べたように偏頭痛の原因は、遺伝が関係があるのも事実ですが、最大の原因は強いストレスにより、過度な緊張が持続することにもあります。

 

昔からのことわざで、“早寝早起きは三文の徳”というのがあります。
受験勉強とかおけいこ事とかあるかもしれませんが、睡眠時間を1時間でも増やしたりして、偏頭痛の症状が大分軽減された例もあります。

 

偏頭痛は光や音が原因で誘発されることもあるので、もし学校の席が明るい窓際だったら少し暗い廊下側に移動をしてもらったりして対処をしてもらうのもいいでしょう。

 

薬で痛みを抑えるという方法がほとんどの場合ですが、まずは日常生活を見直してみることも大切な事ではないでしょうか?

 

ですが、薬も効かなくなり、何日も何十時間も子供が苦しむならお医者さんにかかり、薬を処方してもらった方がいいでしょう。
慢性的な偏頭痛になっている可能性が高いといえるでしょう。
早期の治療が大切
昔は、病院に行き検査をしても異常なしと診断され、周囲に偏頭痛を理解する人も少なかったときは、不登校になってしまう子供もいたと聞きます。

 

今は、頭痛外来やペインクリニックなど、頭痛専門のお医者さんがいますので、早い段階での治療を行うことが最優先となってきます。

 

治療も受けずにそのままにしてしまうと、大人になってさらに酷くなってしまう場合もあります。

 

社会人になり、就職をして働くようになると、子供の時よりも大きなストレスに悩まされてしまう場合もあります。

 

大げさと言えるかもしれませんが、仕事にも行けず、日常生活も支障をきたすようになる可能性もありますので、子供の時に、より早い段階での治療を受けるようにしましょう。