偏頭痛をすぐに治す!-原因と対処方法おすすめの市販薬

MENU

偏頭痛を治す市販薬の名前と副作用

偏頭痛と治す市販薬の名前

 

偏頭痛の市販薬種類
軽度の頭痛、または痛みが発生する前だったら、市販の鎮痛剤で痛みが和らぎます。
色々な種類の薬が販売されていますが、鎮痛剤といっても成分や配合は違います。
単一成分のものと、複合成分の2種類があります。

 

解熱・鎮痛の成分である、アスピリン、アセトアミノフェン、ロキソプロフェン。
中枢神経の興奮を抑える、プロモバレリル尿素、アリルイソプロピルアセチル尿素。
抗炎症 解熱のエテンザミド、イブプロフェン
穏やかに解熱・鎮痛の作用がある、カフェイン。

 

主にこれらの成分が鎮痛剤に使われ、まだは複数使われています。
単一成分の鎮痛剤は、鎮痛解熱の作用がある成分が一種類配合されています。
複合成分の鎮痛剤は、解熱・鎮痛の成分のほかに、中枢神経の興奮を抑える成分や、抗炎症の成分などを複数配合されています。
単一成分の鎮痛剤は、副作用が少ないといわれています。

 

市販薬の人気商品
先ほどあげた成分のカフェイン、イブプロフェンなどは、CMなどで聞いたことがある人も多いと思います。〜配合だからよく効くとかCMにありますよね。
以下の商品がよく人気があります。

 

単一成分の主な鎮痛剤
バファリンA アセチルサリチル酸成分(鎮痛 解熱)
ロキソニンS ロキソプロフェン(解熱 鎮痛)
タイレノールA アセトアミノフェン(解熱。鎮痛)

 

複合成分の鎮痛剤
イブA錠  イブプロフェン(解熱 鎮痛 抗炎症)
      アリルイソプロピルアセチロ尿素(中枢神経の興奮を抑える)
      カフェイン(穏やかに解熱鎮痛)

 

新セデス錠 エテンザミド(抗炎症 解熱)
      アセトアミノフェン(解熱 鎮痛)
      アリルイソプロピルアセチロ尿素(中枢神経の興奮を抑える)
      カフェイン(穏やかに解熱鎮痛)

 

ナロンエース エテンザミド(抗炎症 解熱)
       イブプロフェン(解熱 鎮痛 抗炎剤)
       プロモバレリル尿素(中枢神経の興奮を抑える)
       カフェイン(穏やかに解熱鎮痛)

 

ノーシン   エテンザミド(抗炎症 解熱)
       アセトアミノフェン(解熱 鎮痛)
       カフェイン(穏やかに解熱鎮痛)

 

バファリンプラス アセチルサリチル酸成分で(鎮痛 解熱)
         アセトアミノフェン(解熱 鎮痛)
         アリルイソプロピルアセチロ尿素(中枢神経の興奮を抑える)
         カフェイン(穏やかに解熱鎮痛)
複合成分の薬は、多くて4種類配合をされています。

 

市販薬が効かないときの原因
鎮痛剤を日頃から常用していると薬に慣れてしまい、効かなくなることがあります。

 

週に3日以上、また月に10日以上薬を飲んでいたら、依存症の可能性が高いのでお医者で見てもらうことが必要です。

 

お薬の成分が自分に合わない場合もあります。同じ鎮痛剤でも成分も違えば、配合されている量も違います。単一成分のお薬を飲んで効かないときは、複合成分の鎮痛剤に変えてみましょう。

 

私の体験として、イブA錠を日頃飲んでいたのですが、薬がちょうど切れてしまった時に、友達からバファリンをもらい飲みましたが、全然聞きませんでした。
調べると、バファリンは単一成分の鎮痛剤で、私が飲んでいたイブA錠は複合成分の鎮痛剤でした。