MENU

偏頭痛を治すのは病院の何科?どこで受診すれば良いの?

偏頭痛を治すのは病院の何科?どこで受診すれば良いの?
ふとした瞬間に訪れる頭痛・・・偏頭痛持ってる方って意外に多いと思います。
どうしたら偏頭痛は治るのでしょうか?偏頭痛を解消する方法はあるのでしょうか?病院での治し方について今回は調べてみました。

 

<病院の何科に行けばいいの?>
偏頭痛持ちというのはわかっていても、どの医療機関の何科へ行ったらいいのか迷ってしまいますよね。とくに偏頭痛はこれ!と言った原因がないことが多いです。風邪だったら内科、骨折だったら外科などすぐに思い当たる「科」が出てこないのが偏頭痛の悩ましいところ。
突発的だったり慢性的だったりする頭痛は、一般的な内科ではなかなか対応できないず治すことが難しようです。やはり原因を見つけるのに内科の設備では、そう簡単にいかないみたいですね。

 

<「頭痛外来」の存在>
偏頭痛にお悩みの方は、「頭痛外来」をに行ってぜひ受診してみてください。頭痛外来はその名の通り、頭痛を専門に診察してくれるスペシャリストです。慢性的な偏頭痛というのは、脳の周辺の神経・血管・筋肉などからくる痛みが原因であると考えられています。なので、こういった脳の専門医に診てもらうのがいちばんの解決の近道です。
頭痛外来では、問診の他に首や手足に麻痺や筋肉萎縮に異常がないかどうかを調べます。これは座ったまま、または仰向けになった状態で行われる検査です。そして必要に応じで画像検査や脳の血流検査などもしていきます。
脳CTでは放射線を利用して、脳の断面を撮ります。脳MRIでは磁気を用いて脳の断面を撮影。(放射線被ばくがない)脳MIAは磁気を用いて脳血管を撮影します。
このように専門医療機器がそろっている病院であれば、しっかり脳の異常を見つけることができます!

 

<どんな頭痛かを把握するかがポイント>
まずはご自身の頭痛がどんな頭痛なのかをしっかり理解することが大切です。
偏頭痛は痛みが起こった時に体や頭を動かしてしまうと、さらに痛みが増すことが特徴です。逆に緊張型の頭痛だったら体を動かしたりストレッチをすることで痛みが和らいでいきます。またお風呂に入った時も、前者は頭が余計にガンガンしてきますが、後者は痛みが引いていきます。
これらの違いを明確にして、お医者さんの問診には正しく答えらるようにしておくことがベストです!
そして市販薬に頼りすぎて薬物乱用頭痛を起こしてしまうケースも多々ありますので、そのあたりも偏頭痛持ちの方は注意しましょう。

 

(1067文字)