MENU

偏頭痛は冷やすと治る?すぐに効く治し方は?

偏頭痛は冷やすと治る?すぐに効く治し方は?
急に起こってしまった偏頭痛の対処、どうしていますか?できるだけ安静にしていたいですが、仕事や家事・育児で忙しいときはそうも言ってられません。早めに治してしまいたいですよね。
そんな偏頭痛の治し方・おさめ方について調べてみました!

 

<頭痛の種類を見極めよう>
脳の血管が急激に収縮して起こるのが「偏頭痛」。脳血管の周辺にある三叉神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管の拡張を引き起こして「偏頭痛」が起こります。
心身ともに疲れてストレスが溜まっていて、それが解放されたときに血管は広がりやすくなります。なので頭痛は仕事のオフや休憩時間などに起こることが多いんだそうです。
そのほかにも寝不足・女性ホルモンのバランス崩れ・空腹・光や音などの刺激といった要因で頭が痛み出すことがあります。
また、偏頭痛とは違って頭の筋肉や肩・クビの筋肉が緊張して起こる頭痛は「緊張型頭痛」と呼びます。
筋肉の緊張によって血流が悪くなり、その結果をして筋肉内に老廃物が停滞することがあります。するとその周囲の神経が圧迫・刺激されて頭に痛みをもたらすのです。
「緊張型頭痛」の特徴として、原因が身体的または肉体的ストレスから生ずるものということも挙げられます。とくに現代ではPCやスマートフォンで仕事の作業をする時間が圧倒的に多くなりました。長時間同じ姿勢をとることは、筋肉のこわばりを起こしてしまいます。
以上のように、一見同じに見える頭痛ですが「偏頭痛」と「緊張型頭痛」に分けることができるのです。

 

<タイプによって改善方法も違う?>
2つのタイプの頭痛は、それぞれ改善方法が違います。
一般論として「頭痛を感じたら頭を冷やしたら治る」という説もありますが、それが効果を発揮するのは偏頭痛の方です。
偏頭痛では脳の血管が広がることで痛みを感じます。なので、頭を冷やすと血管がきゅっと圧縮された広がった血管も元の細さに戻ります。偏頭痛持ちの方には、頭を冷やす方法を試していただきたいです。
偏頭痛の改善法は他にも暗い場所でじっとする(できれば寝る)、コーヒー・紅茶を飲んでカフェインを摂取するようにするというものもあります。
体を動かす、お風呂に入って温まるというのは偏頭痛にとっては逆効果です。余計に痛みやズキズキ感が増してしまうので、注意してください!チョコレート、ハム、チーズ等も頭痛を起こしやすくする食べ物なので、極力控えるようにしましょう。

 

(1024文字)