MENU

偏頭痛の薬ボルタレンの副作用

偏頭痛の薬ボルタレンの副作用
痛みどめとして使われることが多い「ボルタレン」。他の市販薬とはどのようなところが違うのでしょうか。そして心配な副作用はあるのでしょうか。
ボルタレンについて詳しく見ていきましょう!

 

<そんなときにボルタレンを使えばいいの?>
ボルタレンの効果・効能として挙げられるのは、炎症・痛みを和らげるということです。頭痛にも効きますし、リウマチ・間接の痛み・腰痛・歯痛を鎮静させたり、傷の炎症・急性上気道炎の治めることもできます。
成人であれば1日に25mgの錠剤を3錠ほど、3回に分けて服用することが望ましいです。解熱剤として座薬として使用されることも多いのがこのボルタレンですが、一般的には飲み薬として処方されることが多いです。
空腹時にしないように気をつけてください。食堂に停留すると、その場所で強い炎症を起こす危険性があるので、多量の水で飲むことをおすすめします。
痛みどめ・鎮痛剤としてよく聞くのはロキソニンですが、ボルタレンとは何が違うのでしょうか?まず強さであれば、ロキソニンよりもボルタレンの方が強い成分を含んでいます。よって強力な効き目を発揮するのはボルタレンの方です。
しかし、強すぎる薬を頻繁に飲むことはあまりオススメできません。なぜなら体がどんどんその効き目に慣れてきてしまって、効果が鈍くなることが多々あるからです。体が免疫を作ってしまうと、鎮痛剤の類も効き目が出づらくなりますので、ボルタレンを使用するのは最終手段にしておくのがいいかもしれません。

 

<ボルタレンの副作用をしっかり知ろう>
前述したように、ボルタレンは非常に強力な成分を持った薬です。ひどい頭痛・炎症には効きますが、やはり副作用が出ることも少なくはないようです。
副作用の主な症状としては、胃のムカムカ・食欲不振・吐き気など消化器官に悪影響が出てくることがあげられます。
ボルタレンは炎症を抑える薬なのですが、口内炎や発心が起こることもあります。
また、もっとひどい症状が出てくることもあります。呼吸困難や意識障害、アナフィラキシーショックが副作用として出てきた場合は、すぐに医師の診察・治療を受けてください。
このようにボルタレンはその強すぎる効き目のあまり、反動も大きい医薬品です。用法・容量を守って正しく使用することはもちろん、少しでも体に「おかしいかな?」と思う変化があれば、使用を続けることを考えてください。

 

(1002文字)